ホーム > >労働関連ニュース > 大卒35歳のモデル賃金30.9万円に――情報労連・ソフトワーカーの労働実態

大卒35歳のモデル賃金30.9万円に――情報労連・ソフトワーカーの労働実態

2017年1月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

情報労連の「ソフトワーカーの労働実態調査」によると、大卒・基幹職のモデル賃金は22歳20.4万円、35歳30.9万円、45歳40.3万円などとなった。35歳で初任時の1.52倍、45歳では1.98倍と高まっていくカーブを描いている。システムエンジニアの所定内賃金は、平均30.8万円となり、各社の最低額・最高額から求めた賃金レンジは24.8万~40.3万円だった。その他の職種の平均は、プログラマー22.5万円、アシスタントSE25.9万円、プロジェクトリーダー等38.9万円、システムコンサルタント等45.9万円となっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ