ホーム > >労働関連ニュース > インターバル勤務を開始――ユニ・チャームが働き方改革

インターバル勤務を開始――ユニ・チャームが働き方改革

2017年1月26日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

昨年10月に「働き方改革推進室」を社内に設置したユニ・チャーム㈱(東京都港区、高原豪久代表取締役社長、1297人)は、今月から社員の健康維持と生産性向上を目的に、インターバル勤務制度と在宅勤務制度を開始した。インターバルとして設ける休息時間は最低でも8時間としている。両制度とも、対象は原則全社員となっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ