ホーム > >労働関連ニュース > 「就社」から「就職」へ転換を―ー中部経済連合会

「就社」から「就職」へ転換を―ー中部経済連合会

2017年3月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

一般社団法人中部経済連合会(豊田鐵郎会長)は、サービス産業の生産性向上に向けた報告書を取りまとめた。同産業では、業種ごとに必要とされるスキルの専門分化が進み、労働需給のミスマッチが生じている。現行の「就社」型の雇用慣行に代わって、特定の職能分野に就く「就職」型への転換が必要と提言した。職場を変えながらも専門性が高まるとする。また、ICTへの投資も生産性向上に不可欠とした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ