ホーム > >労働関連ニュース > 働き方改革で1月分の労働時間削減へ――IT業界 

働き方改革で1月分の労働時間削減へ――IT業界 

2017年4月26日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

年間総労働時間の1カ月分を削減へ――情報サービス産業協会(横塚裕志会長)は、労働時間の大幅な削減に向けた具体的目標値などを盛り込んだ「働き方改革宣言」を策定した。働く人の心身の健康の確保や、社会貢献と自己実現につながる「ワクワク感」に満ちた働き方を実現することを、業界を挙げて宣言するもの。業務の見直しなどを通じて「年次有給休暇取得率90%以上」「時間外労働の月平均20時間以下」を実現し、労働日数20日分(年間総労働時間の1カ月相当)の労働時間短縮をめざすとした。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ