ホーム > >労働関連ニュース > 精神障害発生企業を重点監督――厚労省・大手の過労自殺頻発で

精神障害発生企業を重点監督――厚労省・大手の過労自殺頻発で

2017年5月25日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は今年度から、精神障害とパワーハラスメント防止を狙いとする監督指導を強化した。精神障害に関する労災支給の決定が行われた事業場や傘下事業場において複数の精神障害を発生させた企業の本社事業場を対象にメンタルヘルス対策を中心とする個別指導を実施する。このうち精神障害に基づく過労自殺(未遂含む)を発生させた企業の本社事業場については、労働安全衛生法に基づく特別指導事業場に指定し、全社的・計画的改善指導を図る。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ