ホーム > >労働関連ニュース > 賞与9割減額は恣意的で人事権濫用――東京地裁が支払い命令

賞与9割減額は恣意的で人事権濫用――東京地裁が支払い命令

2017年7月13日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

平成25年12月の賞与を前年同期比で93%も減額されたとして三菱地所グループのマンション管理会社(東京都中央区)の労働者が損害賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所(合田章子裁判官)は、人事権濫用と判断し、減額分と慰謝料など約70万円の支払いを同社に命じた。ケアレスミスが多く勤務態度の劣悪さは認定したものの、賞与の額を46~93%減額するほどの重大な非違行為とまでは認められず、恣意的で著しく不合理とした。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ