ホーム > >労働関連ニュース > 管理職層を役割と貢献の2本立てに――飯田信用金庫が新人事制度

管理職層を役割と貢献の2本立てに――飯田信用金庫が新人事制度

2017年8月 9日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

飯田信用金庫(長野県飯田市、森山和幸理事長)は今年6月、管理職層に対して新たに6階層の役割等級を設け、貢献資格3階層と併用するダブルラダー型の人事制度を導入した。支店長のポストを支店規模によって3つの等級に区分するなど、職能資格制度の下で乖離が進んでいた資格と職位(役職)の関係を整理している。7段階洗替え方式の役割給を採用し、役割別の行動評価、目標管理を反映することで、処遇面でも役割との連動性を大きく高めた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ