ホーム > >労働関連ニュース > 無期転換制度・「内容知らない」当事者84%――連合調査

無期転換制度・「内容知らない」当事者84%――連合調査

2017年8月23日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

労働契約法に基づく有期契約労働者の「無期転換ルール」の開始まで余すところ8カ月となったなか、内容まで知らない当事者が84%もいることが分かった。全国の民間企業で週20時間以上働く20~59歳の当事者1000人を対象に連合が行ったインターネット調査で判明したもので、「不合理な労働契条件の禁止」もそれ自体を知らない当事者が約6割に上っている。どちらか一方でも「知っていた」うちの半数強が「マスコミ」を情報源とし、「勤務先からの説明」は35.9%と低調な実態も分かった。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ