ホーム > >労働関連ニュース > 震災復興工事の残業削減へ"リアス宣言"――岩手労働局

震災復興工事の残業削減へ"リアス宣言"――岩手労働局

2017年8月30日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

岩手労働局(久古谷敏行局長)は、震災復旧・復興工事現場における過重労働の解消をめざし、自治体やゼネコンなどとともに「いわてリアス宣言」を採択した。重点実施事項として、月80時間を超える時間外・休日労働を行う労働者の抑制、月1回以上の土曜日の現場閉所などを掲げた。同労働局管内では依然として過重労働が問題になっており、昨年、時間外・休日労働を月160時間以上行わせた工事現場を指導している。自主点検結果をみても、80時間を超える工事現場の数が前年比で4割増加しているという。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ