ホーム > >労働関連ニュース > 新国立競技場建設工事 81社で違法残業など発覚――東京労働局

新国立競技場建設工事 81社で違法残業など発覚――東京労働局

2017年10月18日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

東京労働局(勝田智明局長)は、新国立競技場建設現場で作業を行っている762社を対象に、労働時間などに関する自主点検調査と監督指導を実施した。同現場下請企業社員の自殺についての労災申請を受けた緊急対策として実施したもの。監督指導を行った事業場128社の6割を超える81社で違法な時間外労働や割増賃金不払いなどの法令違反が発覚し、是正勧告書を交付した。違法な時間外労働があった事業場のうち10社では、月100時間超の時間外・休日労働に従事させていた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ