ホーム > >労働関連ニュース > AI普及・非正規雇用に深刻な影響――労政基本部会で本格論議開始

AI普及・非正規雇用に深刻な影響――労政基本部会で本格論議開始

2017年12月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

中長期的な労働政策全般について検討する労働政策審議会労働政策基本部会(部会長・守島基博学習院大学教授)はこのほど、スピードが増しているAI(人工知能)化の進展と雇用・労働への影響について初めて議論した。AIやロボットによる代替可能性が高い労働人口割合は全体で49%に達し、なかでも非正規労働者が担う定型的労働を直撃する可能性があるとしている。コミュニケーション能力を生かしたサービス、マニュアルに基づかない仕事への労働力移動が早急に求められるとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ