ホーム > >労働関連ニュース > 平均で1548円 5年連続の賃上げを実現――金属労協

平均で1548円 5年連続の賃上げを実現――金属労協

2018年3月29日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

自動車、電機、鉄鋼など大手金属メーカーの労働者約200万人で作る金属労協(JCM・高倉明議長)は、定昇相当分とは別に、平均1548円の賃上げ回答を引き出した(3月15日時点)。賃上げは5年連続である。前年と比較できる組合も500円ほど上回った。人手獲得に苦しむ小規模労組ほど賃上げ額が高い。未組織労働者に波及し得る企業内最低賃金も平均1216円の引上げ回答となっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ