ホーム > >労働関連ニュース > 中核人材の確保へ「期間限定型」雇用の活用を――経産省報告書

中核人材の確保へ「期間限定型」雇用の活用を――経産省報告書

2018年3月29日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

中小企業が中核を担う人材を確保するには、終身雇用・フルタイム型の雇用のほか、副業・兼業・出向など多様な働き方を活用した期間限定型(プロジェクト型)の人材確保も大事――経済産業省は、「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」の報告書を取りまとめた。人手不足時代では人材を必要な場面に必要な量だけ確保するのが重要とみて、経営状況などに応じて多様な人材活用方法を検討する必要があるとしている。経営課題の洗出しから採用後の職場環境見直しに至る人材確保の手順も明らかにした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ