ホーム > >労働関連ニュース > パワハラ・事業主に措置義務を――厚労省が検討会報告

パワハラ・事業主に措置義務を――厚労省が検討会報告

2018年4月11日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、職場におけるパワーハラスメントを防止するため、将来的に事業主に雇用管理上の措置義務を法律に明記する必要があるとする検討報告案をまとめた。現場において具体的に取組むべき事項をガイドラインで示した後、取組みが定着してきたところで法定化をめざす方向である。違反行為に対する行政指導を可能にする狙い。措置義務では、防止に関する事業主の方針の明確化、相談窓口の設置、迅速・適切な対応、再発防止対策など示した。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ