ホーム > >労働関連ニュース > 経済的従属性が基準――厚労省検討会・雇用類似の働き方で報告

経済的従属性が基準――厚労省検討会・雇用類似の働き方で報告

2018年4月19日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、「雇用類似の働き方」に対する法的保護のあり方について検討報告をまとめた。保護対象となるのは、契約内容が一方的に決定され、不本意な条件を受け入れざるを得ない経済的従属性を強いられ、しかも雇用関係に基づかない働き方としている。契約条件や契約変更・終了ルールの明確化、報酬額の適正化、紛争処理窓口の設置などが課題となるとした。厚労省では引き続き、審議会において保護の必要性や具体的内容などを検討していく考えである。

 

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ