ホーム > >労働関連ニュース > 多能工化で生産性向上――中小企業白書

多能工化で生産性向上――中小企業白書

2018年5月16日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

中小企業庁は、2018年版中小企業白書を公表した。採用難で従業員を増やせない中小企業にとって、従業員の多能工化・兼任化が人手不足への有効な対策になるとともに、労働生産性の向上にもつながると指摘した。多能工化を進めるうえで、業務マニュアルの作成や従業員のスキルの見える化に取り組む企業が多い。人手不足対応では、高齢者や女性の業務範囲の拡大も進んでいるとして、企業事例を紹介している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ