ホーム > >労働関連ニュース > 残業禁止は不当と相当額支払い命じる――大阪府労委

残業禁止は不当と相当額支払い命じる――大阪府労委

2018年6月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

所定時間外労働を禁止され、経済的な不利益を受けたとして、労働組合が救済を申し立てた事案で、大阪府労働委員会(井上英昭会長)は、使用者の㈱トライメディカルサービスに他の従業員と同じように所定外労働をしていれば得られたであろう賃金相当額の支払いを命じた。組合結成と同時期から所定外労働を認めなくなったのは、組合嫌悪によるものと判断した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ