ホーム > >労働関連ニュース > キャリア形成へ長期休暇制――MSD

キャリア形成へ長期休暇制――MSD

2018年6月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

製薬業のMSD㈱(東京都千代田区、ヤニー・ウェストハイゼン代表取締役社長)は、社員の成長促進や、キャリア形成支援を目的に「ディスカバリー休暇」と名付けた長期休暇制度を導入した。年間40日付与し、語学留学や長期のボランティア活動への参加、副業の実施などを想定する。 分割取得ができるため、週休3日で働くことも可能だ。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ