ホーム > >労働関連ニュース > 高プロ制・労働時間の把握は不要――働き方改革法案が成立

高プロ制・労働時間の把握は不要――働き方改革法案が成立

2018年7月 5日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

政府が通常国会に提出していた働き方改革推進法案が一部修正のうえ成立した。時間外労働規制の強化、高度プロフェッショナル制度の創設、不合理な待遇格差の解消などが改正の柱で、労働基準法施行後最も大きな改正と位置付けている。注目された高度プロ制では、一部修正し、対象労働者が同意を撤回する場合の手続きを明確にしなければならないことにした。一定の健康管理時間を超えた際に義務付けられている医師面接の実施に関して、労働者が拒否している場合は高度プロ制の適用に影響しないなどの 運用上のポイントも明らかになっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ