ホーム > >労働関連ニュース > 「心理的安全性」重視し意思疎通を活性化――愛知経協・働き方改革報告書

「心理的安全性」重視し意思疎通を活性化――愛知経協・働き方改革報告書

2018年7月 5日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

愛知県経営者協会(加藤宣明会長)は、「働き方改革時代のマネージャーのあり方」と題する報告書をまとめた。限られた時間で効率よく働くという働き方改革を成功させるため、マネージャーは、会社の方針を理解し部下に伝え、業務改善について会社に上申する必要があるとした。会社側としては、研修で期待する役割を伝達したり、安心して発言や対話のできる「心理的安全性」の高い職場を醸成するべきと訴えた。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ