ホーム > >労働関連ニュース > 高度専門職を3段階処遇――ノバレーゼ

高度専門職を3段階処遇――ノバレーゼ

2018年7月12日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

ブライダル事業大手の㈱ノバレーゼ(東京都中央区、荻野洋基社長)は今年3月、メリハリのある給与体系を実現するため、役職と等級の対応関係を定義したうえ、役職手当を平均で約3割引き上げた。プランナー、ドレスコーディネーターなどの区分ごとに2系統のキャリアパスを明示したもので、今後はマネージャー層だけでなく、専門性の高い人材についても高度専門職として3段階で処遇する。 併せて全社共通だったコンピテンシーも、計10職種別につくり込んだ。目標とすべき役職の姿を目にみえる形で示すことで、社員の挑戦・成長を促していく。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ