ホーム > >労働関連ニュース > 全等級一律の昇給額表に――ニチレイフーズ

全等級一律の昇給額表に――ニチレイフーズ

2018年8月 1日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

㈱ニチレイフーズ(東京都中央区、大櫛顕也社長)は、生産工場で働く技能職一般社員に対し、独自のコンピテンシースタンダード(評価基準)により処遇する制度を導入している。 年1回、改善活動および姿勢に関する計7項目で5段階の評価を決定し、全グレード一律の昇給額テーブルによって昇給を行う。一方で評価に応じて付与するポイントを累積し、昇格管理を実施している。 子会社を吸収合併した経緯から工場間で評価・処遇にばらつきがみられていたが、緩やかでも安定して昇給できる賃金テーブルを確立。諸手当も整理し、地域格差を反映する「地区手当」、人数制限なく被扶養者を対象に支給する「扶養手当」を設けている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ