ホーム > >労働関連ニュース > メール、FAXも認める――賃金などの条件明示・厚労省規則改正へ

メール、FAXも認める――賃金などの条件明示・厚労省規則改正へ

2018年8月22日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、働き方改革推進法の成立に伴って、労働基準法関連省令の一部改定案を明らかにした。労基法第15条(労働条件の明示)に基づく労働条件明示において、現行では認められていないファクシミリや電子メールなどでも可能とする。 同法第18条に規定している労働者の過半数を代表する者とは、使用者の意思によって選出されたものではないことを明確化した。使用者による年次有給休暇の時季指定に当たっては、労働者ごとに管理簿を作成する必要がある。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ