ホーム > >労働関連ニュース > 働き方改革へ相談体制強化――中企庁・平成31年度概算要求

働き方改革へ相談体制強化――中企庁・平成31年度概算要求

2018年9月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

経済産業省は平成31年度、中小企業対策として、生産性向上・働き方改革・人手不足対策や、事業承継支援に重点的に取り組む。 31年度概算要求において、多様な経営課題に対応する「よろず支援拠点」設置や専門家派遣などを行う「ワンストップ総合支援事業」に前年度予算比11・9億円増の62・1億円を計上した。 同拠点のコーディネーターを増員し、相談体制を強化する。企業の現状を踏まえて事業承継計画の策定支援などを行う新規の「事業承継・世代交代集中支援事業」には、45億円を計上した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ