ホーム > >労働関連ニュース > パートに「要素別点数法」を――厚労省が職務評価を推奨

パートに「要素別点数法」を――厚労省が職務評価を推奨

2018年10月10日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、正社員との不合理な待遇格差の解消や就労意欲の向上に向け、パートタイム労働者を対象とした「要素別点数法」による職務評価制度導入を推奨している。 職務の大きさを構成要素ごとに評価してポイント化し、総計ポイントに基づいて賃金などの待遇決定につなげる手法で、「同一労働同一賃金」の実現に資するとみている。 導入ガイドラインによると、作業が簡易で、評価ポイントを様ざま場面で応用できるとした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ