ホーム > >労働関連ニュース > 最大2時間勤務短縮可能に――郵船ロジスティクス/会社主導で介護離職防止

最大2時間勤務短縮可能に――郵船ロジスティクス/会社主導で介護離職防止

2018年10月31日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

郵船ロジスティクス㈱(東京都港区、水島健二代表取締役社長)は、 「介護短時間勤務制度」の利用期間の上限撤廃や最大2時間の所定労働時間短縮などにより、 社員の介護離職防止対策を拡充した。時差出勤も認め、デイサービスの送迎などに合わせて勤務時間をスライドできる。 介護問題を抱える社員からの相談を端緒に、会社主導で制度を見直した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ