ホーム > >労働関連ニュース > 高齢者の就業拡大へ新プロジェクト――厚労省・65歳以上を標的

高齢者の就業拡大へ新プロジェクト――厚労省・65歳以上を標的

2018年11月16日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は平成31年度、就業意欲を有するすべての高齢者が働き続けられるようにするため、 「生涯現役支援プロジェクト」(仮称)を新たに開始する方針である。全国8カ所の大都市圏において、高齢者の就業促進に向けた「動き出し支援」を行うほか、 在職中からのセカンドキャリア設計支援、シルバー人材センターを活用した就業支援など幅広い事業を展開する考えである。就業希望者と実際の就業者との間のギャップを埋める狙い。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ