ホーム > >労働関連ニュース > 非正規・個人指す際は実態名で――連合・呼称見直しに着手

非正規・個人指す際は実態名で――連合・呼称見直しに着手

2019年1月16日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

連合は、「非正規」の呼称見直し作業に着手した。本部がまとめた「考え方」を基に各産別での討議をこのほど促したもので、今秋の定期大会で正式決定をめざす。 個人と結び付けて使用する際は「パート(有期、派遣)で働く仲間」のように雇用の実態を表す形にし、社会的課題として表現する場合は「非正規雇用」「非正規労働問題」などと呼称する考え。 非正規であることが不本意か否か個々の背景が違ったり、同じ働く仲間のことを指す言葉として不適切とする意見が存在したりすることが背景にある。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ