ホーム > >労働関連ニュース > 危機管理能力強化へプログラム作成へ――厚労省・31年度新規事業

危機管理能力強化へプログラム作成へ――厚労省・31年度新規事業

2019年1月30日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は平成31年度、企業のマネージメント力を支える人材育成強化プロジェクト事業(仮称)を新たにスタートさせる。 近年、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント、情報セキュリティーの不備などに端を発する不祥事が相次ぎ発生し、 職場環境の悪化や生産活動の停滞につながるケースが拡大している。様々な危機管理対応を含む総合的なマネージメント力を強化する研修プログラムを新規に開発し、 主に中小企業を対象とした人材育成を後押しする考えである。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ