ホーム > >労働関連ニュース > 〝他社雇用型"含め解禁――アプラスフィナンシャル/副業・兼業

〝他社雇用型"含め解禁――アプラスフィナンシャル/副業・兼業

2019年2月13日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

㈱アプラスフィナンシャル(大阪府大阪市、渡部晃代表取締役社長、連結1381人)は昨年11月、1週当たり20時間未満、1カ月平均30時間未満などの条件で社員の副業・兼業を解禁した。 個人事業主型だけでなく他社に雇用される形での働き方も認め、社内で得られない知識や人脈、多様な価値観の獲得をめざす。 他社雇用型を認めるか否かについては、先行事例でも対応が二分している。同社では事前に、「副業を理由に転勤や残業を拒否できない」などと誓約させている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ