ホーム > >労働関連ニュース > 障害者就労・週20時間未満を拡大――厚労省

障害者就労・週20時間未満を拡大――厚労省

2019年2月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省の労働政策審議会障害者雇用分科会(阿部正浩分科会長)は、「今後の障害者雇用施策の充実強化」に関する意見書案を明らかにした。 短時間であれば就労可能な障害者の雇用機会確保を支援するため、週所定20時間未満の雇用障害者数に応じて、事業主に特例的な給付金を支給するとしたほか、 中小企業を対象とする優良認定制度を創設する方向である。障害者雇用納付金の徴収対象を常用労働者「50人以上」に拡大するとみられていた点については、「引き続き検討」とトーンダウンした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ