ホーム > >労働関連ニュース > ICT活用・会計伝票16万枚ゼロに――遠鉄・生産性向上策

ICT活用・会計伝票16万枚ゼロに――遠鉄・生産性向上策

2019年2月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

遠州鉄道㈱(静岡県浜松市、斉藤薫取締役社長)は、会計伝票とグループ会社間の請求書のやり取りを電子化した。年間16万枚あった紙伝票がゼロ枚になり、印刷や保管の作業がなくなる。 一部のアルバイト採用では、面接に替えて応募者の「自撮り動画」を活用、面接日程調整などの時間を省く。ICT(情報通信技術)を駆使し、生産性向上をめざす。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ