ホーム > >労働関連ニュース > 小規模・男性のピーク588万円――国税庁・民間給与実態(細部集計)

小規模・男性のピーク588万円――国税庁・民間給与実態(細部集計)

2019年3月14日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

国税庁の民間給与実態統計によると、従業員30~99人の小規模事業所に勤務する男性の年間給与は、55~59歳588万円がピークだった。100~499人では643万円、中堅規模の500~999人では718万円、5,000人以上では906万円などとなっている。賃金カーブにもめだった規模間格差がみられ、20~24歳の水準に対するピークの倍率は、中・小規模がともに2.11倍であるのに対し、5,000人以上では3.70倍となっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ