ホーム > >労働関連ニュース > 産・育休明け 勤務地選択制度を導入――キリンビール

産・育休明け 勤務地選択制度を導入――キリンビール

2019年3月20日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

キリンビール㈱(東京都中野区、布施孝之代表取締役社長)は4月以降、産前産後休業や育児休業から復職する社員に対し、勤務地を都道府県単位で選択できる制度を開始する。配偶者との同居や親族からの支援が受けやすい地域で復職させ、仕事と育児の両立を図りやすくする狙い。 対象は、勤続3年以上で全国転勤型の総合職などとした。キリングループ全体では、以前から一部で行っていた「制約のある働き方」を体験する取組みを拡大した。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ