ホーム > >労働関連ニュース > 先輩の修羅場を特集――マクロミル/丁寧な社内報で考える契機に

先輩の修羅場を特集――マクロミル/丁寧な社内報で考える契機に

2019年4月19日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

社員数が急増しているマーケティングリサーチ業の㈱マクロミル(東京都港区、スコット・アーンスト代表執行役社長グローバルCEO、1012人)は、 社内報や社内イントラネットを通じてコミュニケーションの活性化を図っている。社内報「ミルコミ」は社員に考えるきっかけや刺激を与えるために、時間をかけて丁寧に作る。 最近では、若手向けに「実録・先輩たちの修羅場」と題した特集を掲載した。社内イントラネット「NOW」は速報性を重視し、ほぼ毎日、タイムリーな記事をアップロード。 全社集会の資料や人事制度の説明なども載せる。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ