ホーム > >労働関連ニュース > 働き方改革・下請へ負担押し付け――厚労省など通報制度強化

働き方改革・下請へ負担押し付け――厚労省など通報制度強化

2019年5月31日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省と公正取引委員会および中小企業庁の3者は、働き方改革の本格化に伴い、親会社による圧力などにより下請会社の労働環境が悪化しないよう相互通報制度の運用を強化した。 長時間労働の背景に、親事業者の下請法違反などが疑われる場合に、厚労省から中小企業庁や公正取引委員会に通報する。 納期までの期間を通常より短く発注し下請会社が休日勤務を余儀なくされたにもかかわらず、通常と同一の単価を一方的に定めたなどが典型例とした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ