ホーム > >労働関連ニュース > AI化で人手不足傾向緩和へ――厚労省審議会が中間報告案

AI化で人手不足傾向緩和へ――厚労省審議会が中間報告案

2019年6月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省の労働政策審議会労働政策基本部会(守島基博部会長)は、AI等の新技術を活用して「豊かな将来」を実現するための方策を明らかにした報告書(素案)を作成した。 AI等の導入で産業構造が大きく変容するため、円滑な労働移動による職業のミスマッチ解消が課題としたが、全体としては人手不足傾向の緩和に進むと観測している。 政労使のコミュニケーションの強化やAIによる判断に関する企業の責任・倫理の明確化も重要とした。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ