ホーム > >労働関連ニュース > 新卒採用を限定型2コースに――聖隷福祉事業団

新卒採用を限定型2コースに――聖隷福祉事業団

2019年6月27日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

社会福祉法人聖隷福祉事業団(静岡県浜松市、山本敏博理事長)は、全国転勤を条件とした新卒採用を取りやめ、同一県内のみで異動する「地域総合職」、市内レベルにまで範囲を絞った「地区限定職」の2つで募集を行っている。 従来は全国転勤型で一括採用をし、3年経過時点などに改めてコースを選ぶ機会を設けていたが、勤務地限定採用のみに切り替えたもの。並行してコース別雇用管理制度を改め、役職への登用制限を撤廃したほか、課長職に設けていた給与格差を解消した。 範囲外への転勤は本人と合意した場合のみとし、赴任中は月3万円の手当を支給する。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ