ホーム > >労働関連ニュース > 階層別からeラーニングへ――ライオン/研修制度見直し

階層別からeラーニングへ――ライオン/研修制度見直し

2019年7月18日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

ライオン㈱(東京都墨田区、掬川正純代表取締役社長執行役員、連結6,941人)は、今年1月から新研修制度「ライオン・キャリアビレッジ(LCV)」を開始した。 既存の階層別研修の大半を廃止し、新たに幅広い業務の知識を学べる100コース超のeラーニングと、少人数で議論を深めるケース討議へ移行した。 社歴や経験、所属部署にかかわらず、社員が自分の学びたい分野を自由に選択できるのが特徴だ。知見の幅を広げ、自ら考える力を磨くことで、多様な思考を持つ人材の育成をめざす。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ