ホーム > >労働関連ニュース > 正社員男性のピーク44万円に――厚労省・雇用形態別賃金

正社員男性のピーク44万円に――厚労省・雇用形態別賃金

2019年7月25日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

平成30年賃金構造基本統計調査の雇用形態別集計によると、男性フルタイム労働者の所定内給与のピークは、正社員が50~54歳44.0万円、非正社員が60~64歳は25.9万円だった。 20~24歳に対する格差はそれぞれ2.04倍、1.37倍となっている。女性パート労働者の時給については、非正社員の無期雇用が1,067円だったのに対し、有期雇用は28円高い1,095円だった。 勤続5年以上の労働者に限れば無期1,102円、有期1,125円となっており、ともに初めて1,100円台に達している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ