ホーム > >労働関連ニュース > 基本給75%で定年延長――オカムラ

基本給75%で定年延長――オカムラ

2019年8月 8日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

㈱オカムラ(神奈川県横浜市、中村雅行社長)は、60歳以降は基本給を75%とする65歳定年制を運用している。従来は概ね50%程度に抑制していた再雇用制度を改めたもので、基本給の改定は行わないが、目標管理の結果で賞与に差を付ける。 一般社員層では定年まで同じ業務を継続し、資格等級も変更しない。管理職層は経験を活かせる業務への転換を図り、一律にシニアエキスパートと呼ぶ等級へ格付ける。併せて60歳役職定年制を導入し、若年層の登用機会を妨げない措置を採っている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ