ホーム > >労働関連ニュース > VR活用しセミナー開く/日本生命・介護両立対策

VR活用しセミナー開く/日本生命・介護両立対策

2019年8月22日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

日本生命保険相互会社(大阪府大阪市、清水博代表取締役社長)は、職員を対象にVRを活用した介護セミナーを開催した。 父親が認知症で徘徊したなどの事例を体験させ、現時点で自身が何をすれば介護を抱えている同僚が働きやすくなるかを考えた。 定年直前の59歳など節目を迎えた職員には、ハンドブックを配布して家庭内で介護を話し合うきっかけも提供している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ