ホーム > >労働関連ニュース > 事務系新入社員を海外へ――JFEスチール/グローバル人材育成

事務系新入社員を海外へ――JFEスチール/グローバル人材育成

2019年8月29日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

JFEスチール㈱(東京都千代田区、北野嘉久代表取締役社長、1万5677人)は、「新入社員海外派遣研修」と「若手海外派遣研修」によりグローバル人材の育成を推進中だ。 前者は、事務系の新卒入社1年目全員が、海外事務所・現地法人で約3カ月間滞在し、英語や現地語を習得したり、研修を受けるもの。 後者は、新卒入社3~5年目の技術系のなかで経験やスキルが適切と思える社員を、スーパーバイザーやプロジェクトマネージャーの補佐として派遣する。 若手に技術者としての経験を積ませ、語学力や異文化で仕事をする積極性を養わせる。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ