ホーム > >労働関連ニュース > 介護職員の月給者21.5万円――介護労働実態調査

介護職員の月給者21.5万円――介護労働実態調査

2019年9月30日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

介護労働安定センターの平成30年介護労働実態調査によると、月給制で働く介護職員の所定内賃金は21.5万円だった。前年に比べて3,300円、1.5%上昇し、6年連続で改善している。 調査対象の全8職種ともプラスとなっており、訪問介護員は3.9%増の20.6万円、サービス提供責任者は1.5%増の23.4万円、介護支援専門員は1.1%増の25.8万円、看護職員は1.6%増の27.6万円だった。 時間給者では、介護職員が29円増の985円、訪問介護員が37円増の1,286円と伸びている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ