ホーム > >労働関連ニュース > 事務課長のピーク60万円弱・新人層に比べ2.7倍――人事院/民間給与の実態(確報)

事務課長のピーク60万円弱・新人層に比べ2.7倍――人事院/民間給与の実態(確報)

2019年12月12日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

人事院の平成31年職種別民間給与実態調査によると、課長クラスの所定内給与のピークは、事務系で52~56歳未満59.6万円、技術系では56歳以上60.8万円だった。大学新卒者を含む係員20~24歳の水準と比較すると、それぞれ2.72倍、2.82倍となっている。一方、今年度にベースアップを実施した事業所における配分状況は、一律定率19.3%、一律定額39.9%となり、一律以外40.8%が最も多かった。具体的にどの世代に重点を置いたかを尋ねた設問では、20歳代以下とする事業所が3割を超えるなど、若手に傾斜した配分傾向が明らかになっている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ