ホーム > >労働関連ニュース > 休息時間は導入後に変更を――厚労省

休息時間は導入後に変更を――厚労省

2020年5月 7日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

厚生労働省は、改正労働時間等設定改善法で努力義務化した「勤務間インターバル制度」の導入・運用マニュアルを作成した。インターバル時間の設定は、導入時において最低限「9時間」などと定め、運用状況に応じて順次長時間化する方法を勧めている。インターバル時間が確保できない事態に対応して、「適用除外」となる業務などを事前に定めておくのも有効である。本格導入の前に試行的運用を行うのがポイントとした。厚労省では、導入企業割合10%以上をめざしている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ