ホーム > >労働関連ニュース > タイムカード提出拒み送検――松阪労基署

タイムカード提出拒み送検――松阪労基署

2020年8月 7日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

三重・松阪労働基準監督署(古市泰久署長)は、違法な時間外労働の実態を隠すため、臨検の際に虚偽の陳述をし、営業部長である労働者1人のタイムカードを提出しなかったとして、コンクリート製品の製造・販売業の㈱大台(三重県多気郡)と同社代表取締役および取締役の計1社2人を、労働基準法第101条(労働基準監督官の権限)違反の疑いで津地検松阪支部に書類送検した。管理監督者であるためタイムカードを使用していないと主張していたが、実際はタイムカードでの時間管理を行っており、同労基署は管理監督者性を否定している。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ