ホーム > >労働関連ニュース > コンビニ店主 7割が時短営業を希望――公取委

コンビニ店主 7割が時短営業を希望――公取委

2020年9月29日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

約7割のコンビニエンスストアのオーナーが24時間営業をやめ、時短営業に切り替えたいと希望していることが、公正取引委員会の調査により明らかになった。コンビニオーナーについては、労働組合法上の労働者性を争点とした裁判が現在係属している。労働者と認めた労働委員会の初審命令書では、フランチャイズ契約で年中無休・24時間営業を義務付けている点を重要視していた。調査結果を受け、公取委は本部が24時間営業に関する協議を一方的に拒絶する場合は、優越的地位の濫用に該当し得るとの考えを明らかにした。今後フランチャイズ指針を改正するとしている。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ