ホーム > >労働関連ニュース > 36協定届出数が急拡大――厚労省

36協定届出数が急拡大――厚労省

2020年10月 5日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

中小企業に対する時間外労働上限規制の適用を前に厚生労働省が実施した36協定締結・届出支援対策が成果を挙げている。「36協定届等作成支援ツール」の利用者数が前年同期比230%に達したほか、令和元年の同協定届出数全体も177万5000件を超え、前年比約6%増加した。厚労省では今後、同協定未届事業場20万件に対して、協定の必要性を明記した自主点検シートを送付して届出を勧奨するなど、さらなる拡大に力を入れる方針である。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ