ホーム > >労働関連ニュース > 偽装一人親方の排除を――国交省調査

偽装一人親方の排除を――国交省調査

2020年11月 2日
【提供:労働新聞社】
労働新聞社

国土交通省は、社員である建設技能者を個人事業主である一人親方として形式上取り扱い、社会保険加入などの規制逃れを図る「偽装一人親方」への対応に関するアンケート調査結果をまとめた。回答した建設業関連団体からは、明らかに実態が雇用であるにもかかわらず一人親方として契約している企業に対し、法的な処罰や、現場入場制限などの規制を求める声が挙がった。上位企業による取引停止措置などを提案する団体もあった。

お知らせ・トピックス一覧に戻る


このページのトップへ